12月メガアローゼン杯 2018.12.7

 もう12月ですって。早いですね。

 先月、先々月と惨敗して書いてすらいなかったのですが負けたからといって書かないのは違うなーと思ったので今月からはちゃんと書きます。たぶん。

 

 タッグボルトでやっっっっっとゲンガーのGX(ミミッキュを添えて)が出て使うしかないので、周りもタッグチーム使うかなーと思い無難にウルネクと組み合わせてみました。

 

①ウルネク6-4

ホラーハウス耐えてグズマフォトンゲイザー勝ち。ウルネク2とあかつき落ちてて焦った。

 


②ナッシー6-5

途中めっちゃミスったけど勝ち。初手リーリエ7ドローの後ドロサポ引けなかったけどなんか勝った。

 


③サンダー1-0

相手何も引けずビーストフォトンゲイザー130でサンダー落として勝ち。

その後フリーもしてもらいました。いい練習になりました。

 


④どうぐおとし3-6

最後鋼、トキワ2(、エリカ4、リーリエ1)のどれかに触れば滅亡の光3枚取りで勝ちも、その状況になるまで3ターンぐらい何も引けず負け。

リーリエ2回しかドロサポ打ってない、、、

準優勝おめでとう!

 


⑤サンダース4-6

後2ターン目170うたれてアセロラ打たざるを得ない展開。なんか足りなくて負け。

 


⑥ジラサン4-6

速さ負けて轢かれて負け。

 

 ジラサン薄く見てギラティナ減らしたのがダメでした。非GX主体のデッキに連敗してしまいました。

 新潟の時から競った試合であと1枚引けず負けみたいなのが多すぎるのでどうにかしないとなーって思ってます。

 3連勝からの3連敗でとても下手だったので、次はもっと頑張りたいです。

 ゲンガーはウルネクに入れる形の他にも色々思いついてはいるので試していきたいと思います。

新潟CL2019 2018.12.2

 日曜日大会でその翌日朝イチの飛行機で札幌に帰って大学にしっかり出るという無理やりスケジュールで新潟行ってきました。使ったデッキはルガゾロキュウコンです。f:id:tomopon_ptcg:20181203035948j:image

 


1回戦ノーショー

 

 【僕 卓 〇 通路 〇 卓 知らない人】みたいな感じで卓挟んで向こうの人もノーショーだったのでエアー握手した。

 


2回戦ジラサンUB

 先行、ゾロアゾロアークイワンコルガルガンDCEDCEグズマ。相手サンダースタートでマッシブーンにレインボーでグズマイワンコに30。

 ゾロアークルガルガンたてて原野グズママッシブーンにライオットビート50。

 相手そのままゾロアークに60。

 頑張って取引してたらシロナ引けたのでそこから種並べてマッシブーン倒す。

 相手ベンチにジラーチエンド。

 こちらライオットビート。

 相手願い星シロナ何も引けず投了。

 ベトベトンいらないやんけ(多分違う)。

 


3回戦レックガノン

 先行ロコンにエネからスタートするものの相手後1アゴジムシ2体出してテンペストの抜群の動き。

 先2でキュウコン引ければエネハチマキはくぎんのかぜで持って行けるところ引けず。マーシャドー、ジャッジも引けず。そのままぐちゃぐちゃにされて負け。途中クワガノンにライオットビート120でレックウザクワガノン両方をハチマキはくぎんのかぜで取れば勝ちまで持っていくもハチマキ引けず負け。2回のチャンスでどっちか引けてれば勝ちだったので悔しい負け。

 


4回戦ニンフィアゾロアーク

 初手お互い種無しでフェアリーエネ、クラハン、満タン、アセロラ見えて絶望。

 後攻だったものの、テテフスタートしてくれたり展開遅かったりしてどんどんサイドをとって行く。

 オドリドリニンフィアゾロアニンフィアってとって勝ち。

 途中でジャッジ2回とマーシャドー打ち込んで所々止まってくれたのでどうにかなった。改ハンサイドに埋め込んだりクラハン1/3に収まったりしてたのでどうにかなった。

 


 5回戦ジュナイパーゾロアーク

 先行。初手テテフとマーシャドーしかおらずサポなしだったが、エネとネストがあったのでテテフ前。トップイワンコ、出してエネ、ネストでゾロア呼んでやぶれかぶれ。テテフ出してシロナ打ってエンド。

 相手モクロースタートでゾロアモクロー出してエンド。

 こちらはゾロアークとマオを引けてたのでマオ取引で入れ替えとDCEもってきてライオットビート。

 そのまま相手何も引けずライオットビート連打で勝ち。

 やぶれかぶれ強いですね。

 


6回戦ズガドーンアーゴヨン

 後攻。ロコン単スタートドロー道しるべの悲しみスタートから。相手マーシャドースタートで動きが鈍かったが、ベベノム3体がすぐにアーゴヨンに進化して無限にチャージアップって言われる。

 ハチマキライオットビート150をズガドーンにあてて、ジャッジマンを打ちながら70-30でベベノムズガドーンとる。

 ビーリン1枚に抑えてズガドーンが出てこなかったのでキュウコン耐えてアセロラ、2体目のキュウコンでサプリメイション。ビーリンタイム抜ける。

 原野2枚目がサイドでなおかつ1枚すでに割られているのでアーゴヨン倒せず、キュウコンアーゴヨン70テテフに30。

 相手、ズガドーンにビーストエネルギー貼ってグズマターニングポイントでゾロア気絶。

 こちらグズマ持っててベンチにDCE付きのゾロアークいたのでハチマキ引けば30乗ったテテフで勝ちになるも、引けずやぶれかぶれ。改ハンも引ければ次のターンやられなくて勝ちだったがそれも引けず、ライオットビートで70乗った前のアーゴヨン落とす。

 相手エネ引いてズガドーンに貼ってびっくりヘッド230で終了。ハチマキか改造ハンマー引けば勝ちだったので悔しい負け。

 


7回戦レックガノン

 後攻。相手アゴジムシスタートアゴジムシレックベンチに出てエンド。

 イワンコスタートロコン出して二子玉はってジャッジ。

 先行2ターン目に飴クワガノンドラゴンブレイク。よくわからない。

 こちらキュウコンにハチマキつけてはくぎんのかぜで倒す。

 相手レック出てきてグズマテテフにドラゴンブレイク。

 相手のトラッシュにグズマ3レック3落ちてて、コケコ◇もロストしてたのでこっちマーシャドーやぶれかぶれしてキュウコンでレック倒す。

  相手なぜかグズマとレックもっててストロングチャージでテテフ取られて終わり。

 なんか相手の引き強すぎてなんだか終わったあと放心状態になってしまった。

 


勝ち負け4-3(不戦勝あるので実質3-3)

ジャンケン3-3(CL東京から大きく成長)

 


276位/1379人

 


 CL東京ではマーシャドー、ジャッジでぐちゃぐちゃにされたので、今回は逆にそれらでぐちゃぐちゃにして勝つことができました。

 負け試合は1枚引けず負けが2試合あったので構築から何か悪かったかなーと思いました。シロナは弱いって言い続けたけど流石にゾロアークに頼ってサポ減らしすぎました。正直なところ、練習不足によりマッシルガンと当たるとデオキシスあってもなくても負けそうだったのでぬいてもよかったかもしれません。

 ズガドーン、レックは立ち回りしっかりすれば勝てるマッチなはずだったのでめちゃくちゃ悔しいです。

 でも絶対勝てないジュカインジュナイパーに当たらなかっただけましだと思います。もうちょっとジラサン踏みたかったです。

 ちなみに常に100点満点のプレイが出来るなら水妖キュウコンジュナイパー使ってました。フェザーアロー下手くそなので使いませんでしたが。

 

 


 1週間前までデッキが決まらずプレイングも甘かったので、これからは1つのデッキ握って構築とプレイングを磨きたいと思います。

 とりあえず週末のメガアローゼン杯頑張ります。

海外記事を読んでみる(超爆インパクトまでの環境考察)

 海外では少し前まで禁断の光までのレギュでしたが、迅雷スパーク、フェアリーライズ、超爆インパクトが一緒になったパック(なんじゃそれ)が発売され、環境が大きく変わろうとしています。そこで、新たな環境に向けての考察記事が上がっていたので適当に読んでいきたいと思います。めちゃくちゃ端折って雑に訳すので筆者の言いたいことそのままじゃないかもしれませんがご了承ください。

原文はこちら。

www.60cards.net

そんなに難しい文法が出てくるわけでもないので自分でこっちを読んでもらってもいいかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

Tier1 ルガゾロ、ギラティナカラマネロアローラナッシー、バラマキデッキ、ニンフィア、レックガノン

Tier2 グランブルズガドーンキュウコンジュナイパー、祠マッシダスト

Tier3 ロストマーチ、マグカルゴGX、ソルガレオ

 

〇ルガゾロ
 アズサみたいなウツギっていうカードが出る。ネストボールやスーパーボールを減らせるので、スペースが生まれ、不利マッチを改善したりデッキパワーを上げたりできる。
 メタモン◇のおかげで他の進化ラインを入れることができるようになった。よく見るのはアローラキュウコンGXとマニューラである。
 アローラロコンは「みちしるべ」でゾロアーク、アロ-ラキュウコンを持ってこれて、アローラキュウコンの特性によって2ターン目からコンスタントに進化できる。「はくぎんのかぜ」はたねポケモンを倒したり複数のポケモンを同時に倒してスレッジハンマー、ビーストリングを避けるのに便利である。また、ハチマキかククイを合わせるとレックウザGXをワンパンできる。「サプリメイションGX」はマッシブーンズガドーンに使うだろう。
 マニューラは別の面白いオプションで、強力な特性が多く使われるこの環境によく合っている。
 ルガゾロは圧倒的不利が存在しないのでずっと環境に残っているし、ギラマネロという有利マッチが増えたため、今後も多く見ることになるだろう。

 

有利:ギラマネロ
五分:アローラナッシーグランブル、ジュナキュウ、ズガドーン、レックガノン
不利:マッシルガン、祠マッシダスト、ロストマーチ
タッチカード:ゴーリキーマニューラ、ムキムキダンベル、プルメリ

 

〇ギラマネロ
 このデッキはギラティナ、のろいのおふだ、イワークなどの強力なカードを手に入れた。ただ、のろいのおふだ、イワークなどは必須とは言えない。
 ギラティナの逃げるが3もあるのは大きな問題で、スタートがギラティナだけなのは嫌である。その点、デオキシスは逃げるが1である。しかしギラマネロはレスキュータンカをアタッカーではなくカラマネロを戻すのに使うことができる。
 このデッキの環境での位置付けはsafeといえる。不利マッチはルガルガンの特性やグズマでどんどんカラマネロを倒してくるルガゾロくらいだからだ。
 デッキレシピとしては1つは既存のデオキシスカラマネロデオキシスギラティナにしてのろいのおふだやぼうけんのかばんを加えたもの。もう1つは非GXに注目してイワーク、ひかるアルセウス、コケコ、DCEを加えたもの(東京CLで優勝したようなもの)があるだろう。

 

有利:グランブルズガドーン、レックガノン、マッシルガン、祠マッシダスト、ロストマーチ
五分:アローラナッシー
不利:ルガゾロ、ジュナキュウ、バラマキ
タッチカード:ギラティナ◇、ポケナビ

 

アローラナッシー
 ツボツボの登場前、アローラナッシーは試行錯誤が行われており、はじめはアローラナッシーゾロアークを組み合わせたデッキが多く見られた。また、ヤミラミと組み合わせたものも見られた。ただ、アローラナッシーの課題はエネルギーをトラッシュに送ることと山札を圧縮することで、そのどちらもツボツボが解決してくれる。。2ターン目から絶えずHP160の非GXポケモンが1エネで120ダメージを連発するデッキは最高のデッキの1つと言えよう。
 このデッキの環境での位置付けはgoodと言える。グランブルを除いたほとんどのデッキに五分以上をとれるからだ。

 

有利:ズガドーン、レックガノン、マッシルガン、祠マッシダスト
五分:カラマネロ、ロストマーチ、ホワイトキュレムマグカルゴGX
不利:グランブル
タッチカード:ムキムキダンベル、アセロラ

 

〇バラマキ
 様々な形のバラマキデッキが存在しているが、どれも最後にカプテテフでサイドをとる。最新のでっきにはラティオスハブネーク、毒針を組み合わせたデッキがある。
 このデッキの環境での位置付けはdangerousと言える。メタモン◇のおかげでゴーリキーをデッキに入れやすくなり、ゴーリキーが場に出ると厳しくなるからだ。
 しかし、ゴーリキーさえいなければカラマネロ、レックガノン、ロストマーチ、ズガドーンなどには有利な良いデッキと言えるだろう。

 

有利:カラマネロ、レックガノン、ロストマーチ、ズガドーン、祠マッシダスト
五分:ゾロアークアローラナッシー
不利:マッシルガン
タッチカード:カウンターキャッチャー、エレキパワー

 

〇マッシルガン
 マッシルガンは環境にゾロアークがいるかぎり強いデッキで、もしかしたらベストかもしれない。しかし、カラマネロや新しいゾロアークデッキといった不利なデッキが現れた。また、グランブルアローラナッシーといったデッキも苦手である。
 環境でのこのデッキの位置づけはmore complicated(より複雑)といえる。使用率は減るだろう。ビーストリングなどに簡単に触れるアローラキュウコンを入れたタイプと、マッシルガカルゴという以前からの形のどちらも見るだろう。

 

有利:ゾロアーク、バラマキ
五分:祠マッシダスト、レックガノンズガドーン
不利:ギラマネロ、アローラナッシーグランブル

タッチカード:じゃくてんほけん、ブロアー、ルザミーネ

 

ニンフィアGX
 ニンフィアは有利不利がはっきりしていて、リソースマネージメントのヤレユータンアーゴヨンが入っているデッキは不利である。
 このデッキの環境での位置付けはdubious(疑わしい)と言える。ギラマネロという強力なデッキに対して不利だからだ。イージーウィンできていたゾロアークも、ヤレユータンアーゴヨンが入っていればイージーロスにまでなってしまう。個人的にレックガノンニンフィアが良い選択とは思わないが、数は増えるだろう。ズガドーンもレックガノンと似たようなデッキで新登場なので、これがどれだけ増えるかがデッキ選択に大きくかかわるだろう。

 

有利:ゾロアークヤレユータンなし)、マッシルガン、バラマキ、アローラナッシー、祠マッシダスト
五分:グランブル、ジュナキュウ、レックガノン
不利:ギラマネロ、ズガドーンゾロアークヤレユータンあり)
タッチカード:ブラッキーGXと悪エネルギー

 

〇レックガノン
 レックガノンは不利マッチが多いと思っているが、大会で結果を残しているのは確かだ。さてこのデッキの良さをどう説明しようか。それはいたってシンプルで、ほとんどの試合で同じ攻撃的なプランをとることだ。不利マッチを克服するほどの動きをし得るのだ。デンジ→ミストレ→レックウザマーシャドー、テテフというコンボとクワガノンの強力な特性が勝手にやま札を圧縮していく。とにかく環境に関係なくこのデッキは良い動きをし続けるのだ。

 

有利:ニンフィア、コントロールデッキ、マッシルガン
五分:ゾロアークズガドーン
不利:ギラマネロ、アローラナッシーグランブル、祠マッシダスト、ジュナキュウ、バラマキ
タッチカード:アセロラ、願いのバトン、クワガノンGX

 

ズガドーン
 このデッキは東京CLで準優勝したように、新弾で最も影響のあるデッキである。WCS2018での早く大ダメージを出すレックウザを彷彿とさせるHP180のGXポケモンをメインに据えた攻撃的なデッキだ。現環境は非GXポケモンメインのデッキや祠を使ったデッキなど、GXポケモンにとって向かい風だが、このデッキはそれらに対抗し得る。「バーストGX」は最初の攻撃の番にサイドをとる(正確にはトラッシュする)ことができる。また、「さくれつバーナー」によるプレッシャーも大きく、アーゴヨンでの攻撃の手助けになる。アーゴヨンはトラッシュからエネルギーをつけてズガドーンの打点補助をするが、それだけでなく非GXのアタッカーとしても動かすことができる。
 要するに、HP180のGXポケモンが青天井の火力でバトル場のポケモンをなぎ倒すという点でズガドーンはレックガノンに似ている。このデッキは序盤に強く、レックガノンは終盤に強い。一番大きな違いはレックガノンはどんな試合でも同じ動きをすることである。ズガドーンはビーストリングやアーゴヨンを使う点で少し考えることが多いと言える。レックガノンはデッキを十分圧縮した後に一回エネルギーリサイクルを使うことだけ考えればいい。
 このデッキの環境での位置付けはlittle riskyである。高打点という特徴はゾロアークなどに対してとても良いが、ギラマネロなどにはあまり良くなく、マッチングに大きく左右されるだろう。

 

有利:ニンフィア、コントロールデッキ、ゾロアーク
五分:レックガノン、ジュナキュウ
不利:ギラマネロ、、アローラナッシーグランブル、祠マッシダスト、バラマキ
タッチカード:ルザミーネ◇、ウルトラボール、アーゴヨンGX、エネルギーつけかえ、ツンデツンデGX

 

グランブル
 このデッキははじめ、あんまり真剣に考えられていなく、ファンデッキの一つとしてみなされていた。しかし実際にはとても強力なデッキだったのだ。基本的な考えは手札を0枚にしてグランブルでたった1エネで160ダメージを出す。頭の中では試合の間ずっと手札を0枚にするのは無理だと考えられていたが、実際には簡単にできてしまった。ヤレユータンマグカルゴのコンボで簡単に手札を0枚にしたり、時のパズルのような効果のカルネを使って簡単にリカバリーしたりすることで、絶えずグランブルで攻撃することができる。
 このデッキの環境での位置付けはinterestingである。負けに直結するマッチはないし、有利な相手が多くいる。3つのメインのデッキに対してはゾロアークに五分、130ダメージを連射してくるギラマネロには不利、アローラナッシーには有利である。このデッキの最大の天敵はアローラベトベトンである。ヤレユータンの特性が止まると、手札を0枚にするのが途端に難しくなる。

 

有利:アローラナッシー、マッシルガン、レックガノンズガドーン
五分:ゾロアークニンフィア、ロストマーチ
不利:ギラマネロ、祠マッシダスト、バラマキ
タッチカード:ムキムキダンベ

 

ジュナイパーキュウコン
 ジュナイパーキュウコンはとても面白く、大会向きのデッキだ。私はグズマなしに任意のポケモンを倒せるこのデッキが好きだ。非GXデッキや中打点のデッキにはとても強いが、レックガノンズガドーンのような一撃でポケモンを倒していくデッキには苦労する。ただ、これらのデッキに対しても必ず負けるわけではなく、ジュナイパーキュウコンをどれだけ早くたてられるかがカギになってくる。ジャッジマンやマーシャドーによって妨げられることが多いので、そんなに良い位置付けにはいないだろう。
このデッキの環境での位置付けはgoodである。必ず負けるマッチはないし、有利な相手も多くいる。ただ、レックガノンとは対照的に理論上ではとても強いが、実際に使うと難しい。2進化デッキは複雑なステップを要し、けっして速いデッキとは言えない。

 

有利:アローラナッシー、マッシルガン、バラマキ、祠マッシダスト、ロストマーチ
五分:ゾロアークニンフィア、ギラマネロ
不利:ズガドーン、カキホウオウタッチカード:カウンターゲイン、カウンターキャッチャー、エネくじ

 

〇祠マッシダスト
 祠マッシダストは環境をひっくり返した最初のデッキといえよう。環境に戒めの祠がマッチしていて、グランブルアローラナッシーといった非GXポケモンに注目が集まった。ギラマネロは明確な不利マッチである。祠マッシダストが良い選択とは思えないが戒めの祠はまだまだ活躍するカードだろう。
 現在、環境においてダストダスよりマニューラのほうがおもしろい位置付けにある。昔のマニューラも今のマニューラもギラマネロを不利マッチから有利マッチにすることができる。それに加えて特性に依存している現環境でマニューラは強力なカードになるだろう。小マッシは現在そこまで強いカードとは言えないが、ゾロアークに対しては必要である。小マッシ抜きで試合をするのはとても難しいだろう。

 

有利:レックガノンズガドーン、カキホウオウ
五分:ゾロアークニンフィア、ジュナキュウ、マッシルガン
不利:アローラナッシーグランブル、ロストマーチ
タッチカード:ビーストリング、毒針、テッカグヤ

 

〇ロストマーチ
 このデッキも新弾で登場したデッキだ。しばしばよるの行進と比較されるが、それほど火力を持っているわけではない。よるのこうしんが1ターン目で180ダメージを出すとすればロストマーチは2ターン目で120ダメージしか出せない。大会を勝ち上がる力はないと思うし、GXポケモンメインの本来勝たなければならない試合も負けてしまう可能性がある。
 このデッキの環境での位置付けはnot goodである。ほかに非GXポケモンに注目したデッキがある中で、バラマキデッキにたいして特別不利だからである。
有利:マッシルガン、レックガノンズガドーンニンフィア
五分:アローラナッシーグランブルゾロアーク
不利:ギラマネロ、バラマキ、ジュナキュウ
タッチカード:戒めの祠、フラダリラボ、メタモン◇とゴーリキー

 

〇カキホウオウ
 カキホウオウはプラターヌやNといった強力なサポートを必要としない。カキとグズマさえあれば試合ができてしまうのだ。シンプルな戦略のもと、速いペースでゲームを進められるが、それはこのデッキのプレイングが簡単というわけではない。使うカードの枚数は少ないものの、その一つ一つをパーフェクトにしなければならない。デッキの作戦は今までと同じで、1ターン目にカキをホウオウに使い、サイド4枚をとった後、エンニュートGXで試合を終わらせる。このデッキの難しいところはエンニュートを育てている間1匹のホウオウで戦うところだ。もちろん2ターン使って2回カキを使える試合もあるが、ほとんどの試合ではカキを打てるターンは1ターンしかない。バクガメスGXのGXワザはホウオウがやられた後、攻撃を続けるのに必要である。
 このデッキはゾロアーク、ジュナキュウ、レックガノンなどのGX主体のデッキには有利だが、非GXポケモンのデッキは苦手である。ギラマネロは特に苦手で、ネクロズマGXに一撃でホウオウがやられてしまう。

有利:ゾロアーク、ジュナキュウ、マッシルガン
五分:ズガドーン、レックガノン
不利:ギラマネロ、アローラナッシー、祠マッシダスト、バラマキ
タッチカード:ヒートファクトリー◇、ラランテス、フラダリラボ、願いのバトン

 

ソルガレオキュウコン
 ソルガレオはもともとポテンシャルのあるポケモンだが2進化なのでたくさんのステップを踏まなければならない。HP250のポケモンがたった無色2つで攻撃する。2進化ポケモンを育てるのは難しいので、アローラキュウコンによる補助は必須だと思う。アローラキュウコンなしのソルガレオは素早く安定して育てることができない。今のドローサポートが弱い環境ではほかのポケモンの補助なしに2進化ポケモンをつかうのは難しい。ソルガレオゾロアークという組み合わせもあるが、ゾロアークを使うならもっとほかのポケモンと組み合わせるのが良いと思う。
 このデッキは環境にあまり左右されないので良い選択ともいえる。高HPのGXポケモンをワンパンするソルガレオと、ダダリンを合わせて130点を出すソルガレオがいるからだ。ただ、このデッキは2進化ポケモンのデッキなのでソルガレオを育てるのに全力を費やしてから相手のデッキと対面することになる。

有利:ゾロアーク、ジュナキュウ、マッシルガン、グランブル
五分:祠マッシダスト、バラマキ
不利:ギラマネロ、ズガドーン、レックガノン
タッチカード:鋼鉄のフライパン、ダダリン

 

〇まとめ
 環境は多くのデッキを迎えた幅のきいたものになるが、非GXポケモンのデッキとゾロアークのデッキを多く見ることになるだろう。バラマキデッキはこのどちらにも有効な良いデッキだがゴーリキーで簡単に対策されてしまうので実際に使う人が多いかは疑問が残る。同じようなことがヤレユータン、ツボツボ、ディアンシー◇に対するアローラベトベトンの関係でもいえる。レックガノンズガドーンはあまり良い選択とは思わないが大会の上位に姿を見せることにはなると思う。以上に加えて、現環境は新デッキの開発がしやすいといえる。たくさんの新しい発見と研究されてないカードたちによって環境は揺らいでいくだろう。

 

ーーーーーーーーーーーーーー 

 

 いかがでしたか?いざやってみるとぎこちない日本語になってしまいました。誤訳などの責任は僕にぶん投げてください。というかむしろ教えてください。

 有利、五分、不利マッチのところは本文で同じデッキを2か所に書いてあったりデッキの説明とずれていたりしたので適当に割り振りました。

 

 日本と違ってレックガノンが注目されているのが印象的でした。先日のシティリーグでベスト8にはいったという結果もあるので一考の余地があるかもしれません。ゼラオラになにひとつ触れられてないのが見落としたのか?と思うほど驚きました。また、日本ではゼラオラと制限時間のせいでなかなかつかわれないニンフィアについても触れられています。ルガゾロなんかにはめちゃくちゃ簡単に勝てるので新潟で使う人もいるかもしれませんね(たぶんほぼいない)。

 新潟CLではこれに加えてダークオーダー、ウルトラシャイニー、イーブイデッキが増えています。この記事の考えに加えてサンダー、ジラーチニダンギル、たそがれルガルガン、フェアリーチャームUB、ワンダーラビリンス◇などによる環境の変化や日本で活躍するゼラオラをメインとしたデッキ、ジュナイパーゾロアークなどを考慮して新潟のデッキを考えてみてはどうでしょうか?

 

11月トキワカップ 2018.11.11

 CL東京、シティリーグを終えてやっぱり対人練習しないとさすがにダメだなーと思って北海道ではメガアローゼン杯の次に大きな大会(だと思う)のトキワカップにお邪魔しました。


 使用デッキはいつも通り投票で決めてもらいました。

https://twitter.com/tomopon_ptcg/status/1054321731068784640?s=21
そうです。プレイヤーズセレモニーです。

f:id:tomopon_ptcg:20181111203518j:image

別記事にデッキ解説もしてるので合わせて読んでくれると嬉しいです。

以下試合ごとのレポートです。

 


①5-6✕マッシルガン

 初手イワーク、エネ、祠、祠、タンカ、カラマネロプレイヤーズセレモニー

後攻トップドローマーイーカで出してプレイヤーズセレモニー。

 2ターン目当然のようにブラッディアイ爪で切り裂くでマーイーカやられる。

マーシャドーを引けたのでタンカで拾ってからやぶれかぶれ。ネスト、エネ、エネ、エネ。ネストでジラーチ出してエンド。

当然のようにグズマ爪で切り裂くでジラーチがやられる。

 このくらいからなんとか回り始めてギラティナで攻撃していく。祠がなかなかわられなかったのでルガルガンとテテフにダメージが蓄積していく。

 残りサイド3-1まで持っていきディアンシー◇をグズマで縛ってブラックレイGXでベンチのテテフを倒して1-1にするもグズマ持っていたので入れ替えられて負け。

 有利マッチを事故で落としたのキツすぎる。

 


②1-6✕ゼラサンダー

 先行をとるも初手ギラティナギラティナネクロズマGX、超エネ、御札、カラマネロ、ネスト。トップカラマネロ

 ネストでジラーチ出してグズマひけたので願い星するもドローサポート、ミストレ、ハイパーどれもなく事故継続。

 サイド2枚取られたところでミストレ引いて、カプ・テテフGXを出したら負けると思いマーシャドーやぶれかぶれ。祠、エネ、エネ、グズマ。事故継続。

 御札と破れた扉でツボツボ倒してサイドをとるも永遠に事故って技をラストターンの苦し紛れ催眠術しか打てず表出されて負け。

 有利マッチを事故で(ry

 


③6-4〇 ズガドーン

 マリガン2回ネクロズマGXスタートから。先1ものまねむすめで8枚引けたのでそのままちゃんと回って勝ち。

 有利マッチでやっと勝てました。

 


④3-6✕ グソクゾロ

 覚えてない。

 アセロラ警戒しすぎて無理にイワークゾロアークを取ろうとしたが、マーイーカ2落ちで無理でした。途中で技打てなくてプレイヤーズセレモニーしました。楽しかったです。

 


⑤6-0〇 マッシブーン

 先1マーイーカ3体並べてやぶれかぶれ。先2カラマネロ3体並ぶブン回り。午前中の事故を回収した感じがすごくありました。

 


⑥6-2〇 アローラナッシー

 不利マッチでしたが、この回もぶん回ってうまくお札とか絡められたのでどんどんサイド取れたので勝ち。午前中の事故を回収(ry

 


3-3でした。負けた試合はもがき苦しんで書くこといっぱい。勝った試合はぶん回って勝ちなので書くことあんまりないですね。4戦目はちゃんとやって負けたけど1,2戦目はどうしようもなかったので構築が悪かったかなーって思いました。

 


 でもマーシャドーシンボラーGXに変えただけででたウルトラシャイニーバトルではブラックレイGXで6枚取りしたりナイトキャップバーストGXしたりジラーチグズマ持ってきて勝ったりして優勝できました。よくわかんないですね。

f:id:tomopon_ptcg:20181111203547j:image


 12月にあのカードが出たら多分またカラマネロを使うことになりますが、新潟では使わないと思います。もっと事故らないデッキ目指します。

 

デッキレシピ:セレモニージラーチカラマネロ

 先日行われたトキワカップで使用したジラーチカラマネロのデッキ解説です。色々と問題点が見えてきたので公開する流れになりました。

 まーーーたジラーチ使ったデッキかよ何番煎じだよってブラウザバックしようとした人はちょっと待ってください。某チームのジラーチサンダーが登場した四天王決定戦、シティリーグ東京の1週間前のシティリーグ札幌で同じコンセプトのデッキを使っています。なので決してn番煎じではありません(知らんがな)(完成度の差)。

 

 さて、それではデッキレシピです。

ポケモン:17】

2:ジラーチ

4:カラマネロ

4:マーイーカ

2:ギラティナ

1:ウツロイド

1:ネクロズマGX

1:イワーク

1:カプ・テテフGX

1:マーシャドー

 

【サポート:12】

4:シロナ

3:リーリエ

1:モノマネむすめ

3:グズマ

1:アセロラ

 

【グッズ:18】

4:ミステリートレジャー

3:ハイパーボール

3:ネストボール

1:レスキュータンカ

1:エネルギースピナー

1:ポケモン入れ替え

3:呪いのお札

2:エスケープボード

 

【スタジアム:3】

2:戒めの祠

1:プレイヤーズセレモニー

 

【エネルギー:10】

9:基本超エネルギー

1:ダブル無色エネルギー

f:id:tomopon_ptcg:20181111203054j:image

 

 

 コンセプトとしてはギラティナループするためのカードを揃えやすくするためにジラーチを採用したってだけです。

 

 何でこれ入ってるの入ってないののコーナー

ウツロイド

 基本的にギラティナで殴ってれば勝てるのですが、頻繁にベンチのカラマネロマーイーカを狙われ続けて終盤ギラティナを用意するので手一杯になることが多く、1エネで気軽に攻撃できるウツロイドを採用しました。これでドローサポートではなくグズマを使う余裕が生まれます。実際めちゃくちゃ使いました。使って初めてわかる強さって感じです。

 

ジラーチ

 そろそろみんなわかってると思うけどやっぱり特性がめちゃくちゃ強いです。そんだけです。3入れてもいいくらいです。

 

ネクロズマGX

 技どっちも強いです。基本的に試合決められる時か相手の残りサイド1の時にしか出しません(初手ネクロズマスタート2回したけど)。

 

〇モノマネ娘

  好み。体感で大体5枚以上引ける(時にしか打たない)ので悪くはないです。先行とってマリガン3回くらいしてからはじめると9ドロー出来たりします(実用的でない)。

 

アセロラ

 なくてもよかった蛇足枠。でもダメカンのったカプ・テテフGXを回収して負け筋減らせるのは悪くはなかったです。

 

ポケモン入れ替え

 ギラティナスタートした時に入れ替えるカード。他にはジラーチのねがいぼしを2回使って攻撃もしたい時に使います。

 

〇エネルギースピナー

 ねがいぼしで持ってこれるエネルギー。後1で打つことはそんなに狙ってません。

 

〇プレイヤーズセレモニー

 このデッキは1ターン目にまず技を使わないのでその時に使えればいいなといった感覚。たまに2ターン目でも使います。

 似た効果をもつ殿堂の書がありますが、相手のスタジアムを割れるこちらを優先しました。

 

✕カプ・コケコ

 強いよね。でもエスケープボードジラーチと役割が被ります。死に出しで出すならジラーチの方が強いですが、回転飛行使ったりシャドーインパクトの4点乗せるところにするならコケコの方が強いですね。

 

✕光るアルセウス

 ばら撒きデッキそんなおらんやろって甘えました。

 

ヨーギラスカプ・テテフ

 コケコ、アルセウスが入っていないのでうまくダメカンが撒けないと思って入れてません。

 

ルナアーラ

 使い方がわからなかったのでやめました。逃げる重かったし。

 

マーシャドーGX

 ゾロアークをワンパンできるメリットよりゾロアークにワンパンされるデメリットの方が大きく感じました。

 

デッキ相性について

ルガゾロ 5.5:4.5

 イワークゾロアーク、祠や御札でダメカンのったカプ・テテフGX、ネクロズマGXのプリズムバーストで6枚取れれば勝てます。

 実際対戦したことがなく、カラマネロをどれだけコンスタントに取られるかがわからないので有利だと思っていますが、控えめな比率にしておきました。

 

マッシルガン 8:2

 事故んなきゃ勝てる。事故ったので負けた。

 

ゼラオラレック 8:2

 普通にやったら勝てるしブラックレイでいっぱいサイド取れるの楽しい。

 

ズガドーンアーゴヨン 8:2

 回れば勝てる。

 

ウルネク 5:5

 GXで殴ってくれれば楽ですが、ギラティナで殴られたり滅亡の光されたりするときついです。

 

 結構長いことこのデッキを使いましたが、何か足りませんでした。誰かもっと強くしてください。

 

 

 

 

 

 

ウルトラシャイニー考察

 ウルトラシャイニーのリストが判明したので、思ったことをつらつらと書いていきたいと思います。テキスト書くのは面倒なので自分で調べてください。

 

〇再録カード

 新規絵(海外絵)のカードが多く収録されていてうれしいですね。ミラー加工しかなかったカードがノーマル加工で出ていたり、キラ加工で出ていたりするので、どっかの誰かには喜ばれそうでとても良いと思います。

 また、マグカルゴカラマネロカプ・テテフGX、マーシャドーマッシブーンディアンシー◇、ゾロアークGX、ヤレユータンミステリートレジャー、グズマ、シロナ、戒めの祠、ビーストエネルギー◇など、環境トップで使われているようなカードが多く収録されていて、このパックだけ買ってポケカをはじめても何とかなっちゃうようなラインナップになっています。

 

シェイミ

 レックウザデッキに入れてねって書いてあるように思えますが、草タイプでルガルガンGXの弱点をつけること、逃げるが0であることから、エネルギーの供給さえできればいろんな使い道がありそうです。

 

〇アローラガラガラ(超)

 炎から超にタイプシフトしました。ミステリートレジャー対応になったのであらたな使い道が出てくるかもしれないです。出てこないかもしれないです。

 

コスモッグコスモウム

 コスモッグはHPが50なものの、特性が強力なので今回のものが採用されるかもしれません。コスモウムはHPが100ですが技がほぼつかえないので従来のものが採用されることが多いと思います。

 

ルガルガンGX(たそがれのすがた)

 特性がシザリガー(わかる人に分かればよい)なので、悪いことができそう。現状のルガゾロの強化というよりは、新たなデッキタイプが生まれるかもといった感じがします。

 

〇アローラキュウコン(妖)

 フェアリーライズに収録されているアローラキュウコンGXとエネルギーの共有ができるので、以前の水タイプのものより見る機会は増えそうです。

 

ミミッキュ(妖)

 まねっこのミミッキュです。カウンターゲインとかマツリカとかからいきなり出てくるかもしれないですね。

 

〇アローラナッシー(竜)

 草タイプで猛威を振るっている(?)?ナッシーです。ドラゴンのメリットとしては原野で130に届く様になること、ミステリートレジャーに対応すること、ワタル◇に対応すること、サブアタッカーにラティオス◇を採用できることなどがあります。ただ、GX相手には戒めの祠を使いたかったりミステリートレジャーでタマタマを持ってこれなかったりするので考えないといけないことは多そうです。

 

〇ウォーターメモリ、グラスメモリ

  シルヴァディが闘弱点じゃなくなったら考えます。

 

〇フェアリーチャームUB

 今までのフェアリーチャームよりも汎用性があり、これなら入れる人もでてきちゃうだろうなと思いました。ウルネクとズガドーンはデッキをいじらないといけなくなりそうです。ニンフ組むなら僕も入れるかもしれません。

 

〇ノボリとクダリ

 6枚引けたら使ってましたが5枚なのでさすがにバランス考えているなと思いました。

 

〇ルミタン、ラジュルネ、ルスワール、ラニュイ

 めちゃくちゃ使いにくい。以上。

 

〇ワンダーラビリンス◇

 ニンフ使ってねって書いてあるので使います。ヌメラと合わせても面白そうです。

 

 とりあえず新規テキストのカードは集めておきたいのと、ミラーカードくらいまでは破産しない程度に手を出していきたいですね。

 GXポケモンだけでなく進化前のポケモンも色違いで収録されることが確定したのでカプ・テテフGXなんかはとんでも価格になりそうですしトップレアでデッキ組んでいる人は大変そうですね(遠い目)。

 

 完全に剥き得パックだと思うので本当にポケカやりたい人が買えるようにどんどん刷ってほしいですね。

札幌シティリーグ1 2018.10.21

 札幌のバトロコで行われたシティリーグシーズン1に参加しました。定員64名のところ当日枠込で54名。56名に届かなかったのでベスト16以上にしかポイントが入りません。

↑嘘ですベスト32まで入ります。勘違いしてました。

 

使用デッキはジラーチカラマネロセレモニーf:id:tomopon_ptcg:20181021175933j:image

 

①ウルネク5-6✕

 ジャンケン負けて後攻。相手マーイーカを並べて先1ジャッジマン。こちらはなんとかミステリートレジャーとリーリエ引けたので展開していく。

 相手のカラマネログズマで丁寧にとっていきますが、途中まで滅亡の光GXをど忘れしていたり、色々あって時間なくなって焦ってプレミしたりで滅亡の光GXで3枚取りされて負け。

 

②サンダーゼラオラ6-4勝ち

 ダイス勝って先行。ジラーチマーイーカマーイーカ並べてターンを返すと後1からエレキパワーエレキパワー轟く雷鳴でジラーチ落とされる。後2にエレキパワー轟く雷鳴でマーイーカ落とされる。

 しかしその間に盤面をつくれたので祠で蓄積しながらぽこぽこ殴って勝ち。

 相手のプレイ遅くて時間ギリギリでした。

 

③ゼラレック6-3勝ち

 先行でジラーチスタートベンチにマーイーカ。手札にサポートとボールが無かったので願い星するとかろうじてプレイヤーズセレモニーが引けたので出して2ドロー。何も引けず。

 相手後1でエーテルパラダイス保護区を貼ってきてベンチもいっぱい。

 先2で祠に張り替えて願い星。何も引けず。

 後2でジラーチ倒され、先3でやっとシロナ引けたのでちょっと展開。エネついてないギラティナ前に出してエンド。

 その後もエネ0ギラティナに御札つけてグルグルしてたら相手の場にダメカンがいっぱいのったのでネクロズマGXでブラックレイGX。GXポケモンを2体倒して祠で2体倒しておわり。

 いちばん気持ちいい勝ち方でした。

 

④ウルネク3-6負け

 ジャンケン勝って先行。マーイーカスタートでミステリートレジャーテテフ、エネ貼ってリーリエ。動けるカードがサポート以外無かったので手札8枚のままエンド。

 相手マーイーカスタートでベンチにマーイーカもう1体おいてやぶれかぶれ。

 こちらサポートをモノマネ娘しか引けず、仕方ないので使うも事故。

 相手後2でカラマネロ2体。展開力の差でそのまま負け。

 

サーナイトキュウコン4-1勝ち

 ジャンケン勝って先行。ジラーチスタートで、3回マリガンしてたので相手の手札が9枚あり、モノマネ娘からマーイーカ並べてエンド。

 相手ハイパーボールでラルトス持ってきて道しるべ。

 こちらカラマネロ2体たったのでグズマラルトスシャドーインパクト。

 そのまま押しきって勝ち。

 

24位/54 で0ポイント。

↑嘘です。15ポイントでした。

 

 ルガゾロとマッシルガンとズガドーンに勝てるようにカラマネロを使いましたが、1回戦で負けて下位宅に行ってしまったので全く当たりませんでした。

 4-1まで行っていたらオポ低かったのでトーナメントは行けなかったとしてもポイントは少し入るはずだったので悔しいです。

↑ポイント入ってました。4-1だったらもう5点増えてたんで普通に悔しいです。

 まあ1戦目で負けたのが全てって感じです。

 今回はデッキを誰にも見せずに色んなデッキレシピを見ながら1人で全て作りましたが、いろんな人の意見も取りいれないといけないのかなーとか、東京CLと今回のシティリーグで5敗してるうちジャッジマンマーシャドー絡みが3敗なので何か考えないとなーとか思いました。

 

 結構自信あったのでめちゃくちゃ悔しいです。